当事務所の強み 安城市の税理士/伊藤秀人会計事務所

【強みその1:経営者さまの会社経営に生かせる経験と知識があります】 

 公認会計士の独占業務である会計監査とは、分かりやすく言うと、上場企業や大会社の作成する財務諸表が正しいことを証明することです。

 そのため、会計監査はいわゆる税務監査と異なり、帳簿や伝票をチェックすればいいというものではありません。会社の外部環境から始まり、内部統制まで、その会社の経営に関するすべてを知り尽くす必要があるのです。

 上場企業や金融機関を中心に100社ほどの外部環境から内部統制を検討してきた私の経験は、経営者さまの経営のお悩みに役立つと考えております。

 

 上場企業や金融機関に対して行ってきたアドバイスを、あなたも受けてはみませんか?

 

【強みその2:資金繰りのお悩みを解決できるだけの金融機関に対する経験と知識があります】

 

 監査法人に勤務していた10年間に、信託銀行1行、地方銀行2行、信用金庫9庫、信用組合1組合の会計監査及びアドバイザリー業務に従事した経験があります。なお、監査法人においても金融機関を担当する会計士はそれほどいません。

 金融機関の監査において私が分析した中小企業の決算書はおよそ1,000社。検討した経営計画はおよそ300社です。伊藤秀人会計事務所は、この経験に基づいた、財務分析及び資金調達についての的確なアドバイスをお約束します。

 

【強みその3:御社の担当は、公認会計士・税理士の伊藤秀人自身です】

 経営者様が会計事務所と顧問契約を締結した場合、公認会計士・税理士の有資格者と事務所スタッフと、どちらに担当してもらいたいとお考えですか?弊所では、公認会計士・税理士である伊藤秀人自身が、御社を担当をさせていただきます。私の経験と知識を直接、経営者さまにお届けいたします。
 それでいて料金はスタッフが担当する他の税理士事務所と同レベルです。

 

【強みその4:お客様の立場に立ってのご提案】

 

 士業はとかく頭も態度も固いものと思われがちです。しかし、私の場合には、それは当てはまりません。

 経営者さまと本音で話しあうことができずに、経営者さまのお役に立つことはできません。一度是非、お話させていただければと思います。是非、代表者プロフィールをお読みください。政治・経済・会社経営はもちろんですが、その他にも、きっと共通の話題もあると思います。

 ”親しみやすい”といって軟弱な訳ではありません。公認会計士として、会計処理を巡って厳しい交渉を重ねた経験があります。税務調査においても、経営者さまの側に立って、言うべきことはきちんと主張いたしますのでご安心ください。 

 ⇒まだ私をご存じでない方は、是非、自己紹介をさせてください。

  →代表者プロフィールはこちら 

 

【強みその5:地元の中小企業さまへの熱い想い】

 

 私は豊田市で育ち、現在安城市に住んでおります。みなさんは愛知県のことが好きですか?私は大好きです。

 大学時代は京都におりましたが、京都に住んでいながら住民票は移動せず国政選挙の都度帰省し愛知県で投票していたほど、生まれ育った愛知県に対する想いは強いです。

 大好きな愛知県を、人々の笑顔で満たしたい。もっと元気にしたい。子供たちが楽しく安心して暮らせるようにしていきたい。

 だからこそ、愛知県の中小企業の経営者さまを応援したいのです。

 

 私の想いについて経営者のみなさまへに記述いたしました。

 私の熱いメッセージを、どうぞお受け取りください。 

 

→ 経営者のみなさまへ

▲このページのトップに戻る